リンクシェア ぱぴレノボ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートパソコン冷却 ノートパソコンを冷却するエレコムの「冷え冷えクーラー」を使ってみた

20100810

夏になるとノーパソの異常な熱さが気になりだしました。

私ノーパソを夏に使うのは初めてなんやけど、
信じられんぐらい熱くなります。

そういや、
知り合いは夏にこのノートパソコンの冷却部分が壊れ
結局サラを買うたそうです。

でも、自分はそんな事にはなりたくない。

お金持ちの知り合いならともかく
我が家は余分なお金は無いのです!

どうにかならんのかね?
といろいろ調べて購入したのがこれ。

エレコムの冷え冷えクーラーというやつ。

思ったよりもけっこう安かった。
これで2982円。

冷え冷えクーラー8


っていうか、こういうノーパソの冷却もんて
けっこうあるんやね~。

クーラータイプ
プレートタイプ
パッドタイプと3種類ある。

ここ見てもろたら分る。

冷却製品


それぞれの冷却製品が一覧で、
しかも冷却レベル、対応ノートパソコンのサイズまで出る。

で、まあ早い話が上の冷却レベルの高いほど
価格は高くなるみたいやね。

でも下に行くほど値段は安くなり2980円程度。

ほんでシートタイプやと、
もっと安い。

1000~3000円までの間やね。
しかもけっこう冷やしてくれそう・・・。

で、初心者の私はどれが良いのか分らんし、
クーラータイプの一番安いやつを買うたんやな。

でも、ホンマに効くんやろか?
一抹の不安はあるものの・・・とりあえず箱から出してみる。
冷え冷えクーラー11


おお、エレコムに載ってた画像と同じでやんす。
あたりまえか。

で、こいつは扇風機みたいな羽があって、
これが回る事によりノートパソコンを冷やすという、
けっこう思ったよりも原始的なヤツ。

冷え冷えクーラー9


サイドには、このように風量調節なるものも
ついてる。
冷え冷えクーラー12


とりあえず我が家の中古のパソコンを乗せてみる。
なかなかええやないか。

冷え冷えクーラー


そしてノーパソ君の電源を入れると
このようにエレコムの部分が青く光る。

写真では分りにくいけど青く光ってるんです!

冷え冷えクーラー2

そして冷え冷えクーラー自体はノーパソ君につなぐので、
特に電源とかはいらん。

なんでなんかは、もちろん私には分らん。

冷え冷えクーラー3



まあ、そんな事はどうでもええ。
ようは熱中症のように暑なるノートパソコン君が
冷えたらええことや。

で、とりあえず温度計を側に置いて計ってみる。

まずは電源を入れたとこの温度は、29度。
今の室温やな。

冷え冷えクーラー4



そして温度はどんどん上がっていく。
これで38度。

冷え冷えクーラー5


そして40度を超える暑さになっていく。

正直、実際に計った事なかったんで、
こんなに暑くなってたんか?!と今さらながらに驚く。

そら、こんな暑なったら壊れるわ・・・。

冷え冷えクーラー6


そして冷え冷えクーラーを設置する。

またたく間に温度はグングン下がり33度。
ついでに音も全然せん、静かなもんや。

冷え冷えクーラー7


こらスゴイわ!!
2980円の価値はあるある!!!

これで我が家のノーパソ君の熱中症もこれで解決。

いくら中古のノーパソでもお金はかかってる、
壊れて知り合いのようにはなりたくない。

ノートパソコンの暑さを気にしてる方、
過去に暑さでノートパソコンが壊れた方、
なんかにおすすめします。

冷却製品は意外と安いです。
これでノートパソコンが機嫌よう動いてくれたら、いう事なし。

興味のある方は、こちらからのぞいてみて下さい。

ところが、この12.1~15.4型対応のSX-CL10BKは
今売り切れになってる!?

やっぱ皆ノートパソコンの暑さは
気にしてるんやな・・・。


冷え冷えクーラー


と言う訳で、

冷却製品に興味のある方は、
こちらから一覧をのぞいてみて下さい。

いろんなタイプの冷却製品が一覧で見れるんで、
分りやすいです。

冷却製品一覧


それとエレコムさんは
アウトレットも充実してます。

充実ってのもヘンな言い方やけど、
か~なり安いです。




また女性向けの可愛いPCアクセサリーも充実してます。

しかもエレコムは2100円以上で送料無料。
かなり使えるんで、おすすめです。

よかったら、のぞいてみて下さい。


エレコムダイレクトショップ


スポンサーサイト
グーグル
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。