リンクシェア ぱぴレノボ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花とゆめのバックナンバー買うならネットショップ駿河屋だぜ

20130514

花とゆめのバックナンバーを買うならネットショップ駿河屋さんが、おすすめ。で、これがネットショップ駿河屋さんで買った「花とゆめ」のバックナンバーね。

詳しく書きますと、2012年1月1日 ナンバー1になります。

花とゆめ1


えとですな「花とゆめ」のバックナンバーを購入しましたのには訳がありまして、連載されてる「王子と魔女と姫君と」にものすごくはまったのですよ。

いやね、まあ話的にはクソいぐらいしょーむないんですがね。リアル感もねーし、無理やりみたいな部分も多い。御伽噺の姫君が生まれ変わったってのも、正直アホくさい。絵もそんなに上手いほうでもないしな。

こんなクソい話のどこにはまったのか?と言うとドSのメガネキャラである「煤原 零時」が、おったから。

この煤原零時はマジにすごい。超上から目線でのたまってくれる。しかも素直でない。そして超偉そう。んでもって、いっつも怒っている。非常にカッコ良いのだよ。

そんな煤原零時にある日突然はまった。

ある日突然にはまったもんやさかい、花とゆめは実はず~っと購入しているものの、捨てるのが好きな私はせっせと捨ててしまって。いや、まあ雑誌である花とゆめを捨てるぐらいは、かまわん。しかし正月の号についていたカレンダーも捨てる。カラー扉絵も捨てる。

後になって、あー!!!!!!煤原様がカレンダーにも載っていた、カラー扉絵もあったのに・・・と、ものすごく後悔した。

そこで、この号についておったメンズグラビアカレンダーをオークションやらで探してみたんですが、500円ぐらいのお値段がしている。

駿河屋さんですら、メンズグラビアカレンダーはけっこうなお値段がしていた。

むむむむむ・・・煤原零時の数少ないカラーの絵は是非とも欲しい。持っていて捨てただけに、なお欲しい。人間の心理やね。

しかし、なんぼなんでも350円の花とゆめに付いていたメンズグラビアカレンダーを500円で買う事は出来ない。500円ぐらいはあるけどね。これも人間心理なんだな。

そこで、もう探して探して、探しまくって見つけたんが、駿河屋。(和菓子屋みたいなネーミングだな、おい。)

ネットショップ駿河屋は楽天にもあるので、ちゃんとしたショップさん。

何と、この駿河屋は花とゆめのバックナンバーが売っている。ちゃんと付録もついてる。(つまり新品なんだよ)しかもだよ20円とかからある。もう信じれんぐらい安い!!!!そこでメンズグラビアカレンダーの載っている号を探しまくって購入した。

で、届いた花とゆめのバックナンバーには、ちゃんとメンズグラビアカレンダーがついていた。


花とゆめ2


ありがとう!!!

500円とか出して買わなあかんかなーと思ってただけに、ものすごい安く買えて嬉しかった。


で、メンズグラビアカレンダーには、ちゃんと煤原零時も載っていた。

花とゆめ3


そして花とゆめのこの号は煤原様が大活躍されている。何せ、この「王子と魔女と姫君と」と言うマンガはプリンスが6人もおるうえに主人公がおるから、煤原様の出番ははっきり言って少ない。号によっては出演されない事もある。

でも、この号は煤原3兄弟も出ておられるのだよ。

煤原3兄弟は大好きでね。

歓迎!メガネ天国 ツヤベタ地獄なのです。

つまり手に入れる事が出来て、非常に嬉しかったのですよ。



でですな、バックナンバーを買う時の注意なんすが、発売日とこの号ってのは、ビミョーにズレがありましてな。例えば、この2012年1月1日 1号ってのは実際の発売日は12月5日に発売されたもんになります。

こんなふうに年をまたぐと、特にややこしくなるんで、ちょっと注意が必要になってきたりします。欲しい号を間違って買うのは避けたいので、このへんの号はきっちりと調べてからの購入をおすすめします。

あとですな、花とゆめに限らず雑誌のバックナンバーはまた入荷もするようなので、欲しい、探していると言う方は、まめにチャックされると良いです。それとネットショップ駿河屋さんは送料が300円と非常に良心的。ただ、注文してから在庫のチェック、そして入金とけっこう日数がかかる。

例えば月曜日に注文して実際に届くのは木曜日ぐらいになるんで、このへんも納得のうえで注文を。


とりあえず楽天のネットショップ駿河屋さん載せておきます。興味の出た方はのぞかれてみて下さい。


ネットショップ駿河屋



スポンサーサイト
グーグル
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。