リンクシェア ぱぴレノボ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧品選びに強くなる

20070106

はじめに
モバイル版コチラ

化粧品にはいろんな成分表示がされていますが、いくら表示されていても何の成分か知らなければ何の役にも立ちません。

しかし、いろいろな成分の働きを知っていれば化粧品を選ぶ時にも役にたちます。特に化粧品かぶれしやすい人は表示が役にたちます。

例えばある化粧品でかぶれたとします。そんな時はまず、成分を見ます。そして次に購入した化粧品で再度かぶれた場合は、共通の成分を探します。
かぶれなかった化粧品とも見比べてみます。かぶれた化粧品には入っていない成分があるはずです。

そうやって自分がどの成分にかぶれるのか突き止めます。

お金がかかる?大丈夫です。その為に無料サンプルというものがあります。サンプルにも成分表示はありますので使用してどの成分にかぶれるのか突き止める事が出来ます。

★化粧品成分Q&A
100%アレルギーテスト済の表示はアレルギーを起こさないということ?
美容成分は原液でつけたほうが効果あり?
医薬部外品は化粧品よりも効果がある分刺激も強い?
弱酸性の化粧品が肌には良いのですか?
無添加化粧品、自然派化粧品はトラブルを起こしにくい?
化学合成成分は天然成分に比べて危険性が高い?
化粧品に含まれる香料がシミの原因になるって本当?
防腐剤は肌にとって安全な成分?
鉱物油は肌にとって悪い成分?
界面活性剤が含まれている化粧品は肌トラブルを起こしやすい?
化粧品の成分はどこまで肌に吸収されるか?
有効成分がたくさん書いてある化粧品のほうが効果的か?


★優秀化粧品
オススメ優秀化粧品
アンチエイジングの化粧品


★重曹を使ったスキンケア
入浴剤の作り方
皿洗いをする時の手荒れを防ぐには
冬場の乾燥肌を防ぐ
毛穴の汚れが目立つ時


★化粧品成分表目次
化粧品成分の各説明があります。目的に応じてお使い下さい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
グーグル
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。